posts tagged ‘ARICA’

ARICAスペシャル・イベント『This is ARICA Show!!』のご案内

2012 年 11 月 17 日 土曜日

猿山修が下記のイベント中、24日の小公演に参加します。この日は、夕方から金氏徹平 with ARICA「白地図の線をつなごう!」というワークショップもあり、終了後小公演と続きます。是非お出掛け下さい。

深まる秋とともに、いよいよARICAのスペシャル・イベント「This is ARICA Show!! in VACANT」が来週に近づいてまいりました。

This is ARICA Show!! PERFORMANCE×WORKSHOP×TALK×EXHIBITION

http://aricatheatercompany.com/japanese/news/2012/10/this-is-arica-show.html

 

会場:VACANT 日時:2012.11/22-11/25

(会場の詳細はこちら:http://vacant.n0idea.com/

 

さて、結成11年になるARICAを紹介する今回のイベントの見所は、

 

1 ARICA公演「蝶の夢 in VACANT」 11/23(金・祝)、11/25(日)18:00 ¥2,500

◎およそ15年にわたって、ほぼ毎日自宅の椿の大木で首を吊るアクションを続けている首くくり栲象さんをゲストに迎えます。

2011年2月に横浜・BankARTで上演した「蝶の夢」は非常に大きな反響を得ました。既に伝説的な舞台作品となって、再演を強く望まれていました。今回、空間も新たにして生まれ変わった「蝶の夢in VACANT」を、23日、25日の2日間だけ、初めての東京公演を行います。また、終演後、23日にはダンス界のゴッドマザー黒沢美香さんのアフタートーク、そして25日には都築響一さんのレクチャーがあります。都築さんは、首くくり栲象さんについて愛情こまやかなレポートをしています。

http://www.chikumashobo.co.jp/new_chikuma/tuzuki/02.html

世知られざる強烈な個性とエネルギーのパフォーマーたちについてのレクチャーです。両日とも席数の限られた空間となりますので、ご予約はお早めに!

予約フォームはこちら

メール mail@aricatheatercompany.com
ファックス 042-575-4163

メール、ファックスでご予約される場合は、ご参加いただく日時・イベント、氏名、枚数、住所、電話、メールアドレスをお書きの上、ご予約ください。

 

2 大原大次郎さんと金氏徹平さんによるワークショプとARICAのパフォーマンス

11/22(木)、11/24(土)16:00 ¥2,500

◎デザイナー大原大次郎さんは、文字やイメージのデザインを越えて、人々がそれらに関わる認識Yや方法に大きな問いを投げかけています。ワークショプは子供から大人まで幅広く楽しめるものです。日頃当たり前だと見過ごしているモノのが、新鮮な驚きを持って感じることができるでしょう。

 

◎金氏徹平さんは、今一番注目されている現代美術家で、現在北京に於いて大きな個展が開催されています。

金氏さんのお話やアドバイスを受け、地図をハサミで切って繋げるというシンプルな作業をしているといつのまにか、まるで自分が作家になってモノを作っているかのようなフレッシュな楽しさを感じるようになります。いつも大変盛り上がるワークショップです。優勝者には、なんと金氏さんが自ら制作した一点もののオリジナル・トロフィーが授与されます。

◎お二人のワークショップの終了後には、その成果を受けて、ARICAの即興性の強いパフォーマンスが行なわれます。これは、ARICAとしても初めての試みです。22日は高橋永二郎が音楽で参加し、24日には、金氏さんもライヴでインスタレーションをするなか、猿山修が演奏します。ワークショップに参加しなくとも、ARICAの公演とトーク・ショウだけを見ることが出来ます。

予約フォームはこちら

メール mail@aricatheatercompany.com
ファックス 042-575-4163

メール、ファックスでご予約される場合は、ご参加いただく日時・イベント、氏名、枚数、住所、電話、メールアドレスをお書きの上、ご予約ください。

 

3 ARICAの展覧会

◎11年活動をしてきたARICAの第1回公演から最近作までを、写真家宮内勝さんと宮本隆司さんのおよそ150点の写真、さらに舞台映像で紹介をします。また、同じく初めての公演から最近作までの、山口信博さんや須山悠里がデザインしたチラシの実物も展示されます。そして、安東陽子デザインの舞台衣装がパフォーマーのように立ち上がって、皆様を迎えます。さらに、奇抜なアイデアで評判の、美術家・高橋永二郎によるチャーミングな機械や、美術家勝本みつるさんによる

実際に舞台で使われたオブジェもインスタレーションされます。このように、毎日見所満載のイベントです。是非ご高覧ください。また、このイベント 『This is  ARICA Show!!』を特集したページをホームページに設けています。あわせてご覧ください。

http://www.aricatheatercompany.com/japanese/aricashow/

 

Theater Company  ARICA

HP: http://www.aricatheatercompany.com

Twitter: https://twitter.com/ARICA_official

Facebook: http://www.facebook.com/TheaterCompanyArica

ARICA 第19回新作公演 「house=woman 家=女」

2010 年 10 月 31 日 日曜日

芝居に参加しております。
http://www.aricatheatercompany.com/

ARICA 第19回新作公演 「house=woman 家=女」

「人間の掟には背いてやる この世の人々よりもあの世の人々に気に入ってもらえればそれでいい あの世の人生の方が長いずっと」

これからは永遠にあの世で横たわっているずっと 世界に名だたる喧噪の街、新宿歌舞伎町の真ん中に、周囲の猥雑な熱気から少し身を引くようにたたずむ蔦の絡まる古いビルがある。そして、その地下室には、あの女がいる。法に逆らい兄を埋葬するという、神への義務と情愛の倫理によって、法=国家を超えようとした女、それゆえに牢屋で首を吊った女、その死は連鎖して法を発した国家の王は、妻と息子を失うことになった。《アンティゴネー》。共同体の内からそれを打ち破ろうとした幼児のような頑な女の魂は亡霊となって今、歌舞伎町の古びたビルの地下室に、潜んでいる。崩れかけた部屋の物陰から声が聞こえる。そこにはもうひとりの女《house-woman》。そのビルに棲み、その家に拘束された女はここで、来るべきアンティゴネーの魂を召喚する。

演出・美術:藤田康城
テクスト・コンセプト:倉石信乃
出演:安藤朋子
音楽・演奏:猿山修、高橋永二郎

公演日
2010 年10 月28 日(木)29 日(金)30 日(土)31 日(日)
11 月3 日(水・祝)4 日(木)5 日(金)6 日(土)7 日(日)
11 日(木)12 日(金)13 日(土)14 日(日)〈全13 回公演〉
(開演時間:月~土19:30pm、日祝のみ17:30pm)

会場 A to Z(客席数約40 席を予定)
新宿区歌舞伎町2-38-5 岡野ビル地下(大久保病院斜め向かいのビル)
新宿・大久保・新大久保駅から徒歩9分、西武新宿駅から徒歩3分。

※会場には、暖房・トイレの設備がありませんので、ご了承ください
※演出の都合上、開演後入場ができません。ご注意ください。

料金:前売¥3,000・当日¥3,500・学生¥2,000(当日受付にて学生証提示のこと)
主催:ARICA 助成:芸術文化振興基金/公益財団法人セゾン文化財団 協力:A to Z

御興味ある方は、是非。お待ちしております。

Schedule for the Theater Company ARICA
http://www.aricatheatercompany.com/

ARICA New creation
「house=woman」

Director: Yasuki Fujita
Text and concept: Shino Kuraishi
Performer: Tomoko Ando
Live musician: Osamu Saruyama, Eijiro Takahashi

Date : 28th(thu) 29th(fri) 30th(sat) 31st(sun) October, 3rd(wed)
4th(thu) 5th(fri) 6th(sat) 7th(sun) 11th(thu) 12th(fri) 13th(sat)
14th(sun) November 2010
[thu, fri, sat 7:30pm wed, sun 5:30pm]

Place: A to Z (40 seats only) 2-38-5 Kabuki-cho, Okano building
basement, Shinjuku (9 minutes from Shinjuku, Shin-Okubo and Okubo
station, 3 minutes from North exit/Seibu Shinjuku station)

Ticket price: advance reservation 3,000 Yen, door ticket 3,500 Yen,
Student 2,000 Yen

Presented by ARICA
Supported by Japan Arts Fund / The Saison Foundation
Co-operated by A to Z

Please come see.

新作公演 ”Tsukai” ARICA  2009 new creation Tokyo Premiere

2009 年 11 月 2 日 月曜日

芝居に参加致します。
http://www.aricatheatercompany.com/j/top.html

logo_tsukai1

ARICA 新作公演
太田省吾と長年仕事を共にした元転形劇場・安藤朋子に加え、ダンス界の先鋭・神村恵、栩秋太洋が出演。

〈使〉は抽象的な存在か、世の中に存在することはできない。
それは誰でもないが「みんな」である。
彼女は語る言葉を持たないのに押しつけられている。それが仕事だ。
おまえはみんなの家来であり伝令であり飛脚でありしかも足が悪い なぜなら靴が足にあっていないから
痛い 痛がっているのは足が大きくなっているから 育っている
だがわたしは靴以下の商品としてここに連れてこられたから
足の指を切るか折るかして靴に合わせろと言われた
走れ足
私が走るのではなく靴が走るのだ
靴を飛ばせ

演出・美術/藤田康城
テクスト・コンセプト/倉石信乃

出演/安藤朋子・神村 恵・栩秋太洋
作曲・演奏/猿山 修・高橋永二郎・平本正宏

舞台監督/鈴木康郎
照明/木下尚己(ファクター)
音響/田中裕一(サウンドウェッジ)
衣装/安東 陽子(NUNO)・渡部直也
機械装置/高橋永二郎

宣伝美術/山口信博・須山悠里
制作/前田圭蔵・天野未来

日時/2009年11月6日(金)20:00 7日(土)18:00 8日(日)16:00
会場/川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
Tel.044-955-0107
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺6-7-1

料金
前売予約/3,500円 当日/4,000円 学生/2,500円(日時指定/全席自由)
※受付開始は開演30分前を予定。学生券は当日開場時に学制券のご呈示をお願い
します。

ご予約・お問い合わせ
●ARICA Tel. 090-1446-0416(前田携帯)Fax. 042-575-4163
※ ご予約は「ご予約・お問い合わせ」より、必要事項を記入のうえ送信してください。

●川崎市アートセンター (川崎市アートセンターでの取扱いは9月19日より)
チケットカウンター 9:30-19:30
WEBサイト http://kawasaki-ac.jp/

※駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。
※車椅子スペースをご希望の方は、川崎市アートセンターまでご連絡ください。

御興味ある方は、是非。お待ちしております。

Information from ‘guillemets layout studio+SARUYAMA’

Schedule for the Theater Company ARICA
http://www.aricatheatercompany.com/e/top.html

logo_tsukai1

ARICA  2009 new creation Tokyo Premiere

Director: Yasuki Fujita
Text/Concept: Shino Kuraishi

Performed by: Tomoko Ando・Megumi Kamimura・Taiyo Tochiaki
Music (live) performed by: Osamu Saruyama・Eijiro Takahashi・Masahiro Hiramoto

Technical director: Koro Suzuki
Light: Naomi Kinoshita(Factor)
Sound: Yu-ichi Tanaka(Soundwedge)
Costume: Yoko Ando(NUNO)・Naoya Watanabe
Mechanical props: Eijiro Takahashi

Flyer photograph: Yosuke Otomo
Flyer design: Nobuhiro Yamaguchi・Yuri Suyama

Production: Miki Amano・Keizo Maeda

Date/6th November 2009 (Fri)20:00 7th(Sat)18:00 8th (Sun)16:00
Venue/Kawasaki Art Center Tel.044-955-0107
〒215-0004 6-7-1 Manpukuji, Aso-ku, Kawasaki city

Ticket
Reservation/¥3,500- Door/¥4,000- Student/¥2,500-

※ Please send email from this website with full name, telephone number, number and date if you want to reserve ticket.
You can reserve ticket also at Kawasaki Art Center Website http://kawasaki-ac.jp/
ARICA Tel. 090-1446-0416 Fax. 042-575-4163

Please come see.