gallery’s eye —選ぶ力—

2015年1月9日

「さる山」は、来月こちらのイベントに参加します。詳しくは下記のウェブサイトをご覧下さい。

http://gallery-eye.com/
https://www.facebook.com/galleryseye?fref=nf

九谷上出長右衛門窯

2014年12月27日

kamide001
こちらも株式会社丸若屋とのプロジェクトです。九谷の上出長右衛門窯とともに、パリのnakaniwaへ行って来ます。
http://maru-waka.com/kamide

再び雑誌『Pen』の公式サイト

10581421_781852915208043_1992802731_n
今年まるまる一年掛かって株式会社丸若屋とつくりあげた、トーヨーキッチンスタイルの包丁シリーズも雑誌『Pen』の公式サイトが紹介して下さいました。
http://www.pen-online.jp/news/product/toyokitchen/

雑誌『Pen』の公式サイト

2014年12月12日

“alternative white” 濱中史朗展@さる山が、雑誌『Pen』の公式サイトのニュースに紹介されています。

http://www.pen-online.jp/news/design/saruyama_hamanaka/?_h=212b532ecd8314bcb80471cd6e20ab53

SABURO “Element”

2014年12月10日

exg1412051605002-p1

exg1412051605002-p2
この秋の新作、トーヨーキッチンスタイルオリジナル包丁、いよいよ12日予約開始です。
http://www.sankeibiz.jp/express/news/141205/exg1412051605002-n1.htm

動画もアップされています。

トーヨーキッチンスタイル東京ショールーム、予約はこちらにてお願い致します。
http://www.toyokitchen.co.jp/ja/showroom/access/tokyo.html

「内田輝演奏会」@さる山

2014年12月5日

akira.uchida.by.haruhi.okuyama
photo by Haruhi Okuyama

2014年12月20日(土) 7 pmより
料金1,900円(ワインかペリエ付きます!)

濱中史朗展開催中の20日(土)7 pmより展覧会場にて、内田輝による演奏会を予定しています。
彼はピアノ調律師であるとともに、素晴らしい演奏家なのです。
今回は、クラビコードと云う不思議な魅力を持った鍵盤古楽器とサキソフォンによる演奏を。
狭い会場なので予約者のみの入場となります、何卒宜しくお願い致します。

内田輝 clavichord & soprano sax
音楽大学でsaxを専攻。 卒業後欧州を旅し、 その実体験から西洋と東洋における紀元前から中世の思想を意識する。
ピアノ調律を習得後、14世紀に考案されたclavichord(鍵盤楽器)に出会う。古来からの美意識に基づき、音の霊性と波動を追求している。

「美しいテーブル 辻野剛+猿山修」展

2014年11月22日

先日の fresco 主宰の辻野剛さんの店、RICORDO(リカルド)にて展覧会に続き、彼と共に札幌 oteshio にて展覧会を行ないます。

14.oteshio.1.omote

2014年11月28日(金)〜12月4日(木)
open11am〜7pm   会期中無休
11月28日は、辻野氏、猿山氏共に在店

会場
oteshio
060-0061
北海道札幌市中央区南一条西六丁目
第二三谷ビル三階
011-271-9577
http://www16.ocn.ne.jp/~oteshio/index.html

ガラス作家 辻野剛氏のグラスと、デザイナー 猿山修氏のテーブルウェア、グラス、音楽CDなどを紹介します。密度の高い物作りをご覧いただけます。
ぜひ足をお運びくださいませ。

Web Magazine OPENERS

2014年11月12日

calva.takagi.s大阪にて開催中の展覧会について、Web Magazine OPENERSに記事がアップされています。

ここにも高木康行氏による一葉の写真を! 宙吹きの成形による手取の軽さ、手の痕跡の魅力を感じて頂けたら幸いです。

http://openers.jp/interior_exterior/saruyama_osamu/news_saruyama_49664.html?top

「猿山修の仕事」@RICORDO(大阪)

2014年11月2日

14.ricordo.omote

昨年大阪淀屋橋にオ—プンした fresco 主宰の辻野剛さんの店、RICORDO(リカルド)にて展覧会を行います。

この数年辻野さんと企んで来た念願のグラスが、株式会社東屋のプロデュースにて本年9月に発表されました。第一弾(まだまだ続きます)とした「さる山」での6型のお披露目に続き、このグラスシリーズの製作元 ‘fresco’ の地元大阪にて「猿山修の仕事」展の核なるアイテムとして、RICORDOに並びます。

2014年11月8日(土)— 18日(火)

open 0— 7 pm 水曜日定休
猿山修在廊日 11月14日(金)

決して奇を衒う創作をせず、古くから親しまれて来た道具たちに習うことから始める。
物が飽和する現代にこそ密度の高い物作りと人の暮らしのあり方を示す。
そんなデザインをされる猿山修さんの作品を一堂にご覧いただける好機となります。
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。

RICORDO
大阪市中央区伏見町3-3-3
芝川ビル 201号
06-6210-3959
http://ricordo201.com/

グラスシリーズ “BAR” お披露 fresco+猿山修+東屋

2014年9月26日

BAR.dm.141007.s

 

イタリアに古くから伝わる宙吹きガラスの技法を用い、さまざまなお酒や飲みものに合わせてグラスを揃えました。
ガラスの涼しげな印象とは裏腹に、作業はガラス炉の熱気が立ち込める過酷な環境の中で行われます。溶けた柔らかいガラスは黄金色に輝き、一見おいしそうな水飴のようですが、近付いた時の熱とまぶしさが1200℃の高温であることを感じさせます。このガラスを棹に巻き付けそっと息を吹き込むと、水飴状のガラスは瞬時に透明な薄い風船のように膨張します。内側からの圧力によって生まれる、この一瞬の自然な膨らみを捕らえるのが宙吹きガラスです。膨らみつつある形をどこで捕らえるか、その判断がグラスを形作る曲線を決定します。棹を鉄板の上でテンポよく転がし、道具を使いながら膨らんだ風船をカップへと成形していきます。傍らではアシスタントがタイミングよく棹に息を吹き込みます。二人三脚の無駄のない動きはベネチアンスタイルならではの工程です。
‘BAR’シリーズの持ち手部分は、主にアヴォリオと呼ばれる糸巻き状のパーツで構成されています。このパーツは、元来ベネチアンスタイルの大きな特徴である装飾の施された持ち手と薄手のカップをつなぐ役割を果たしてきました。体積の違いによる温度差から、接続時に生じやすかった割れを、アヴォリオを介すことで防いでいます。その機能性と、イタリア中世の建築構造や装飾から影響を受けたと思われるデザイン性とが合わさった知恵の結晶です。
カップとアヴォリオが出来上がったら、最後はフットです。アヴォリオに風船状のガラスを付け、風船の口を広げながら円を描くように押し広げ、底を平らにしてフット部分が完成します。ガラスの塊を平たく押し潰すだけの方法に比べ、一層繊細な仕上がりです。ここでも一手間を惜しみません。
ガラスは冷めるにつれて段々と固まり動かなくなってしまうため、全体的に均一な薄い作りのベネチアンスタイルには、高度な技術とスピードが要求されます。特に小さなグラスはガラスが冷めやすくなるため、作り手の長年の経験に基づく素早い判断が必要です。
伝統的な形を参照しながら、使いやすさをを考慮し、カップや持ち手のサイズを工夫しました。お酒の種類に合わせ、ちょうどよい一杯分をカップの大きさに反映させています。同時に、用途は限定されていませんので、ワイングラスで水やジュースを、シャンパーニュグラスでビールを等、ご自由にお使いください。気軽にお使いいただけるよう、持ち手は安定感のある長さにしました。アヴォリオがシンプルなデザインの中に上品な華やかさを与えています。厚すぎず薄すぎない、手取りの安心感と適度な緊張感、口当たりのよさも自慢です。宙吹きガラスならではの揺らぎや自然な丸みもおいしさに味方します。
日々の食卓から、だれかと過ごす特別なひととき、静かなひとりの時間まで。グラス、飲みもの、場面の取り合わせを多様にお楽しみください。

2014年10月4日(土)より12日(日)迄
初日4日土曜日 辻野氏(fresco代表)在廊

於「さる山」
営業時間 1—6 pm 会期中無休
東京都港区元麻布3-12-46和光マンション101
電話03-3401-5935
http://guillemets.net/
http://www.facebook.com/guillemets.layout.studio.saruyama

資料デザイン/山口信博+吉田結
編集/山本千夏
活版印刷/弘陽・三木弘志

制作/東屋
〒141-0022
東京都品川区東五反田5-4-20
03-5798-7510
info@azmaya.co.jp