posts tagged ‘CD’

CD “fablic 01” nisica × Quiet Corner 発売

2017 年 8 月 30 日 水曜日

nisicaデザイナーの三橋有とQuiet Corner監修の山本勇樹による共同選曲・監修CD “fablic 01” が発売されました。

CDの収まるクロス張りの上製本。

ニシカとクワイエット・コーナー。
心を鎮める音楽を纏う。

01. For Virginia   Astley epic45
02. Tico-Tico   Fábio Caramuru
03. For No One   Bob Mocarsky (feat. Gigi Marentette)
04. Nightingales   Milder PS
05. Dadgad   Dollboy
06. Humming Fields   Colleen
07. Inside Out   Richard Crandell
08. Angela   Soulphiction
09. I Didn’t Have A Summer Romance   Simone White
10. Lele’s Song   Bruno Merz
11. Alfie   Julian Jackson Quartet
12. Polka Dots And Moonbeams   Damon Brown / The Minimum Trio
13. My Foolish Heart   Lars Ekström Line-Up
14. Las Verdades Del Tiempo   Guillermo Rizzotto
15. Payaso   Manuel Ochoa
16. When You Sleep   Kenny Feinstein
17. Halving The Compass   Helios

RCIP-0261 本体価格 3,000円(+税)

Produced by nisica & Quiet Corner
Compiled by Yu Mitsuhashi (nisica), Yuki Yamamoto (Quiet Corner)
License & Product Coordination by Shota Inaba (Inpartmaint Inc)
Product Design by Osamu Saruyama (guillemets layout studio + saruyama)
This Compilation ℗2017 Inpartmaint Inc

<取扱店> 順不同
・resonance music (Web Shop) http://rmusic.base.ec/items/8035075
・Daja (松江) http://www.allo-daja.com/
・CALMS 齋藤陽子 (米子)
・HUMMOCK Cafe (姫路 )http://hummock.blogspot.jp/
・雨と休日 (Web Shop) http://shop.ameto.biz/
・SONGS (岐阜)
・papparayray (福岡) http://papparayray.petit.cc/muscat2/
・B・B・B Potters (福岡) http://www.bbbpotters.com/
・LT / Lotto and Tres (福岡) http://www.lotto-tres.com/
・Organ (福岡) http://organ-online.com/
・TOMONO COFFEE (福岡) http://tomono-coffee.com/
・hair gram (福岡) http://tomoichiro.com/
・Circle / Cro-magnon (福岡) http://wine-cro.jp/circle/
・mono 森音 (北海道・美幌) http://cafe-morion.com/
・Pastoral (北海道・帯広)
・ViVO,VA (神戸) http://www.vivova.jp/
・恵文社一乗寺店 (京都) http://www.keibunsha-store.com/
・紙片 (尾道) http://trokkisk.wixsite.com/teraokakeisuke/blank
・HMV & BOOKS TOKYO (東京)、HMV & BOOKS HAKATA (博多) 、HMV Web Shop (Web Shop)
・LUCKY SOCKS (Web Shop) http://luckysocks.jp/
・STRATO (大阪) http://www.strato.co.jp/
・mokusiro / SOUND GARDEN (岐阜 高山) http://www.soundgarden.jp/
・さる山 (東京) http://guillemets.net/
・nisica WELL (東京) http://nisicawell.com/

うつわ菜の花「猿山修の仕事」

2016 年 7 月 9 日 土曜日

dm.variations
小田原にて下記の展覧会を行ないます。

うつわ菜の花「猿山修の仕事」
2016年7月23日(土)より31日(日)
11:00–18:00 27日(水)休
23日(土) 、24日(日)猿山修在廊
http://www.sugikouba.com/

猿山修と知り合ってから、もう何年経つだろう。元麻布に移る前、西荻窪の「さる山」から来たモノたちは、うつわ菜の花のそこここで、欠かせない存在になっている。
西荻の店では、不思議な音楽(というよりは自分にとっては不調和な音)が伝わってくると言う感じだったことが、不思議と今でも残っています。
さる山店主、デザイナー、演奏家、いくつもの顔を持つ猿山さんの実像を、僕はどれくらい知っているのか。本当のところはわかりません。
たまに会っては、おーっと握手をし、話をし、別れる。若き友人と思っていたが、彼ももう半世紀を生きてきたらしい。
今回、猿山修の仕事の中から、「ぼくの使いたいもの」を選ばせてもらった。
それは、うつわであり、照明であり、衣桁である。
人間の出会いというのは、本当に不思議であります。福岡・うきはにある杉工場、ぼくも訪ねてじっくり見させてもらっていたところで、彼が新しくデザインした卓ができあがったという。それが見させてもらえるなんて、すごく嬉しいと思います。
——「うつわ菜の花」店主/高橋台一

今から20年ほど前でしょうか。当時、杉並の西荻窪にあった「さる山」に、時々高橋さんがいらしてくださいました。今も「うつわ菜の花」にある大きな引き戸の棚はその頃のものですね。店頭には、陶磁器や木工品等の古道具のみを並べていて、生活の糧であるデザイン業務は伏せていました。他のお客様と同様、高橋さんもそちらの方の仕事は、ご存じなかったことでしょう。
その後、井山三希子さんと一緒に制作した食器のシリーズがきっかけとなり、器を中心とした日用品の仕事も取り扱いしていただけるようになりましたね。これからも引き戸棚と共に末長いお付き合いとなりますように!
「菜の花」と縁もゆかりもある花の杉謙太郎くんが繋げてくれた福岡うきはの「杉工場」と、デスクやベンチなどの新作を今回の展覧会でお見せ出来るのも嬉しいことですね、立ち上がったばかりの石川金沢のtayo(長井製作所+竹俣勇壱+猿山修)のテープカッターやインテリア小物を発表する場ともなります。
2005年に井山さんとの二人展以来の「うつわ菜の花」。
今回も宜しくお願い致します!
——猿山修

「猿山修の仕事」にあわせ、2016年7月23日(土) 18:00と24日(日)17:00から演奏会を行います。

内田輝クラヴィコードコンサート
ピアノ・サックス・クラヴィコード奏者。
昨年末に発売されたCDカバーのデザインは猿山。夏の夕べに、クラヴィコードの音を、耳と身体で感じてください。
料金:2,000円

会場:うつわ菜の花
神奈川県小田原市南町 1-3-12
電話 0465-24-7020
小田原駅東口より箱根方面へ向かうバス利用[箱根口]バス停下車徒歩3分
http://utsuwa-nanohana.com

是非お出掛けください。

井上周子 古楽器リュート演奏会@さる山 CD “traversé”発売記念

2015 年 9 月 21 日 月曜日

travers.23mm.4c
下記日程にてリュートの演奏会を催します。

“traversé” 発売記念リュート演奏会
2015年10月16日(金)19:00より
2,500円(飲物付) 要予約

CD “traversé”
販売価格 1,000円+消費税
prodused by guillemets layout studio

新しいギュメCD、リュートの井上周子による4枚目のソロアルバム発売にあたり、演奏会を催します。

於「ギュメレイアウトスタジオ+さる山」
営業時間1- 6 pm 会期中無休
東京都港区元麻布3-12-46和光マンション101
電話03-3401-5935
http://guillemets.net/

井上周子
東京音楽大学卒業後、リヨン国立校等音楽院古楽科にて学ぶ。在仏中、ナントのラ・フォル・ジュルネ音楽祭をはじめ、ジェラやモンペリエ等での音楽祭に出演。帰国後は日本各地での演奏活動のほか、セミナーも開催。目白バロック音楽祭、長崎音楽祭等に出演。2014年秋に4枚目のCDアルバム「traversé」をリリース、好評発売中。

玉井夕海さんの

2013 年 7 月 2 日 火曜日

新しいCD “ales” のデザインをさせて頂きました。素敵なジャケットのアートワークは、田所真理子さんです。さる山でもご購入可能なので、お申し付け下さい。

バッハ 無伴奏チェロ組曲

2013 年 3 月 8 日 金曜日

Franz Amannさんは、1938年バイエルン生まれの今年75歳。CD等の録音物を除くと、昨年ピアノ伴奏付きのリサイタルで初めて彼の演奏を聴きました。ところがその晩、制作元の山本さんとAmannさんのご厚意で、呑みの席は無伴奏組曲三番に! そんなご縁から、Amannさんの無伴奏全曲録音を二枚組のギュメCDにて発売となりました。近年ドイツ各地にて彼が演奏した記録です。ご興味ある方は、ギュメレイアウトスタジオまでお問い合せ下さい。お聴き頂けたら幸いです。ドイツ人によるバッハ無伴奏の録音は、今に到るまでほとんど無かったようです。不思議ですね。今年の10月31日には、東京でもオペラシティーの近江楽堂にて無伴奏組曲の演奏会を予定しております。

下記のURLにて収録曲のSuite Nr3 Sarabandeがお聴ききになれます。

http://twitsound.jp/musics/tsWMjfrwM

guillemets 204
"6 suiten" Johann Sebastian Bach
Franz AMANN/ violoncello

disc 1
suite no. 1 G - dur BWV 1007
suite no. 3 C - dur BWV 1009
suite no. 5 c - moll BWV 1011

disc 2
suite no. 2 d - moll BWV 1008
suite no. 4 Es - dur BWV 1010
suite no. 6 D - dur BWV 1012

recorded on 2008- 2010
cover designed by osamu saruyama.
produced by gallery yamamoto & guillemets layout studio
price 1,890 yen

CD “pako”

2012 年 5 月 14 日 月曜日

子どもたちのためにつくったCDです。下記のアドレスで一部聞くことができます。

http://soundcloud.com/osamu-saruyama/canon-for-kanon-754

“caprice” 発売記念リュート演奏会

2011 年 12 月 2 日 金曜日


2011年12月14日(水)19:00より
2,000円(飲物付) 要予約

新しいギュメCD、リュートの井上周子による3枚目のソロアルバム発売にあたり、同日展覧会場にて演奏会を催します。

於「さる山」

ギュメレイアウトスタジオ制作CD “guillemets disc”

2010 年 1 月 31 日 日曜日

ヨーロッパ各地に伝わる旋律を集めた井上周子さんの2nd CD『sources』がギュメレイアウトスタジオより発売されました。購入ご希望の方は、こちらのウェブサイトcontactよりe- mailにてご連絡下さい。

あわせて現在販売中の当方制作CDもご紹介致します。各タイトル1,050円(税込送料別)。

cd-202 “sources”
Chikako Inoue/ Luth Renaissance

Mélodie Burgare
1.    Ya Kazhi Mi, Oblache Le Byalo
F. Da Milano
2.    Ricercar
J. Dowland
3.    Fortune
Mélodie Anglaise
4.    Green Sleeves
F. Da Milano
5.    Ricercar
Mélodie Anglaise
6.    Royal Oak
Mélodie Irlandaise
7.    How Sweet The Answer
L. De Narvaez
8.    Mille Regrets
Gio. M. Da Crema
9.    Ricercar
Mélodie Française
10.    Une Jeune Fillette
Mélodie Italienne
11.    La Biondina
Mélodie Burgare
12.    Ya Kazhi Mi, Oblache Le Byalo

cd-201 “mélange”
Chikako Inoue/ Luth Renaissance

F. Spinacino
1.     Ricercar
V. Capirola
2.    Ricercar settimo
3.     Spagna seconda
G. M. da Crema
4.     Lasciar il velo
F. da Milano
5.    Ricercar
J. P. Paladin (?- 1566)
6.     Fantaisie
A. Holborne (1545- 1602)
7.     Piece without title
8.     Anthony pavan
9.    Fantasia


cd-010 “mobile”
Osamu Saruyama/ Bass Viol

Op. 13 Mobile For Viol
1.    1
Soundtrack for the exhibition “Mobile”

cd-009 “blinding noon”
Osamu Saruyama/ Contrabass
Soundtrack for the 16 mm film
“Blinding Noon” by Nagaru Miyake

O. Saruyama
Blinding Noon
1.    1
2.    2
3.    3
4.    4
5.    5
6.    6
7.    7

cd-007 “7 conoide”
Osamu Saruyama/ Bass Viol
Soundtrack for the exhibition “hommage”

O. Saruyama
Op. 7 7 Pieces for Viol
1.    1
2.    2
3.    3
4.    4
5.    5
6.    6
7.    7

cd-006 “3 pieces”
Kazuto Ito/ Acoustic Guitar

K. Ito
3 Pieces for Guitar
1.    1
2.    2
3.    3
Solo Improvisation
4.    1
5.    2

cd-004 “pour contrebasse”
Osamu Saruyama/ Contrebasse
Yasumune Morishige/ Violoncelle

O. Saruyama
1.    Op. 4 Seule

https://soundcloud.com/osamu-saruyama/01-op-4-seule

2.    Op. 5 Avec Violoncelle
3.    Op. 2 Seule
4.    Op. 9 Avec Violoncelle

cd-102 “for music box”
Osamu Saruyama/ Electronics

O. Saruyama
1.    Menuet
2.    Canon
3.    Menuet
4.    Vivace
5.    Canon
6.    Fuga
7.    Sarabande
8.    Menuet
G. De Machaut
9.    Je Vivroie Liement
G. P. Telemann
Sonata In Canonmenuet
10.    Vivace
11.    Grave
12.    Allegroassai
13.    Vivace
14.    Cantabile
15.    Scherzando
O. Saruyama
16.    Canon

cd-101 “1-2-2-1-1-3”
Osamu Saruyama/ Contrabasse
Yasumune Morishige/ Violoncello
Jacob Draminsky Højmark/ Sopranino Saxophone, Bass Clarinet

Live Improvisation
1.    cb
2.    vc + cb
3.    vc + cb
4.    vc
5.    bc
5.    ss/ bc + vc + cb

井上周子 2nd CD『sources』発売記念演奏会 Chikako INOUE Live Performance!- Lute

2010 年 1 月 8 日 金曜日


CD『sources』発売記念ライブ!
2010年1月23日(土) 18:30 start
井上周子(リュート、歌)
料金:2000円(ワンドリンク込み)

ルネサンス音楽から、集めてきた民謡の世界へ。
時間と国境を超えた大地の響き。

会場 ギュメレイアウトスタジオ+さる山
20席限定となります。ご予約は、当ウェブサイトcontactよりe- mailにて承ります。

Chikako INOUE Live Performance!- Lute

Date/ 23 Jan. 2010 (Sat)18:30 start
at “SARUYAMA”
Ticket/ Reservation only by e-mail/¥2,000-

Please come see. But I’ m in India until Jan. 19, 2010