note

猿山道場

ギャラリーうつわノートによる恐るべき試みです。
 
猿山道場   入門者募集
概要
「猿山道場」とは、来年7月に埼玉県川越市のギャラリーうつわノートで開催する企画展です。東京元麻布で「さる山」を営むデザイナー猿山修さんを師範に迎え、作家の方々と共同で器を作るプロジェクトです。猿山デザインの器を、入門者が製作し展示販売します。只今、企画に参加して頂ける作家を募集しています。
募集人員
10名程度
(陶磁器・木工・ガラス等の個人作家。人数は募集状況によって増減します。)
スケジュール
エントリー受付 2013年11月16日~12月15日
企画展会期   2014年7月予定
主催
ギャラリーうつわノート
※詳しくは、こちらのページをご覧ください。
http://utsuwa-note.com/exhibition-saruyamadojo.html

猿山修展 – Osamu Saruyama- works of products/ exhibition

下記の展覧会を用意して頂きました。本日開始です。
capime.1-1.w capime.1-2.w猿山修展
2013年11月1日(金)より11日(月)迄
営業時間1- 6 pm 会期中無休
猿山修在廊日 11月2(土)と3日(日)
開催場所:
CAPIME coffee “ 龜 ”
山口県山口市大内御堀2422-1
http://blog.capime-coffee.com/
猿山さんのフィルターを通して生まれた日用品のかたち。そのモノたちが使われるであろう景色をふと想像しながら是非お手に取り、素材、機能美を感じていただけたら幸いです。我が家でも猿山さんの手がけられた日用品をよく使用しています。使う度に「丁寧に扱う」、目に見えない「小さな贅沢」を感じ、今ではもう欠かす事のできない存在となっています。
これまで猿山さんが手がけられたお仕事(デザインに携わった日用品、照明、CD等、の数々)それらを一望できる機会です。
また会期中は福岡にてビストロ mi:courier(ミクーリエ)を営んでいらっしゃいます。料理家/山田妙孝さんによるパンや瓶詰めなどの販売もございます(数量限定、無くなり次第終了)。
皆様のお越しを心からお待ちしております。是非お出掛けくださいませ。
猿山修(Osamu Saruyama)1966年生まれ。デザイナー(ギュメレイアウトスタジオ)元麻布にて、古陶磁を含むテーブルウェア等を扱う「さる山」(電話03-3401-5935)を主宰。演劇、映像及び展覧会のための作曲・演奏活動も。2001年よりシアターカンパニー“ARICA”の音楽を担当。OPENERSより参照
山田妙孝(Myoukou Yamada) 福岡在住。料理家。自宅にて予約制ビストロやグロッサリーを行う「 mi:courier(ミクーリエ)」主宰。実家が農家だったこともあり、野菜のおいしさを活かしたレシピを提案。その一環として野菜とスパイスの組み合わせの可能性を提唱している。宝島社出版「季節の絶品おうちごはん」参照

カトラリーシリーズ "ryo" の15種

spoon+.all.4.1c
 
「さる山」にて明日から始まる、「15と8」展は、カトラリーシリーズ “ryo” の15種を発表する場となります。こちらに、そのラインナップはこちらです。さらに8人のつくり手により、それぞれのカトラリーに合わせて器等をご提案頂きます。

フランツ・アマン演奏会 バッハ無伴奏チェロ組曲 第2、3、5番

13amann.bach.1 13amann.bach.2
チェリストのフランツ・アマンによるコンサートを東京・初台のオペラシティ内、近江楽堂にて行います。
http://www.oumigakudou.com/
31(木) 18:30開場 19:00開演、
前売券は¥3,500、当日券は¥4,000です。
曲目は、バッハの無伴奏チェロ組曲の第2、3、5番。
当日はギュメレイアウトスタジオ制作によるフランツ・アマン演奏の無伴奏チェロ組曲全曲を収録した2枚組CD(¥1,890)の販売も致します。
残りの席数が少なくなってまいりました。どうぞお早めにお申し込み下さい。

マガジンハウス クロワッサン

発売中の「クロワッサン」は猫特集。それとは全く関係はありませんが、「美しき日本の手技」というページで猿山が文章を寄せています。しかもその文中に偶然「猫」の文字があるのです。どうでもいいことですが、猿山には嬉しいことです。
http://magazineworld.jp/croissant/863/
こちらの号は吉祥寺outboundで見つけたバッグについて、次号では活版印刷名刺について書いています。

辻野剛+猿山修「泡と光のあふれる場所」@松豊(鹿児島志布志)

_UN_2418.w

photo/ bunsei matsuura
今年6月に、辻野氏と企み発表したガラスのシリーズに加え、「シャンパーニュグラス」が登場致します。
制作に株式会社東屋を迎えた第一弾となるこのグラスのお披露目は、鹿児島志布志のシャンパーニュサロン+ギャラリー「松豊」にて行ないます。
松豊は、これまで予約制にてシャンパーニュを楽しんで頂いてまいりました。この度、はじめての展覧会を開催致します。どこよりも早く、製作/辻野剛、デザイン/猿山修、制作/東屋によるシャンパーニュグラスのお披露目を筆頭に、辻野氏ご自身の作品、また、猿山がデザインを手掛けた共作のシリーズまで、ガラスの魅力を存分にご覧頂きます。実際にシャンパーニュの注がれたグラスの、そして、光を透したガラスの美しさをどうぞご堪能下さい。もちろん、とびきりのシャンパーニュもご用意しております。皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
「シャンパーニュを楽しむ食事会」
10/5(土) 18:00-20:00、10名さま限定、会費おひとり¥7,000、おふたりあたりフルボトルシャンパーニュ1本+お料理(追加のお酒代は別途お支払となります)。9/ 30まで下記電話またはメールにてご予約を賜ります。
於「松豊」
2013年10月5日(土)より20日(日)迄
営業時間 11:00-18:00(それ以外の時間は予約制) 会期中無休
初日 猿山修在廊
鹿児島県志布志市志布志町志布志3-22-1
電話090 8489 5609
ROYUCKEY@t.vodafone.ne.jp
http://matsutoyo.exblog.jp/

東屋展@Gallery Yamamoto

azmaya.1.w-1
azmaya.1.w-2
「和洋の朝食」というテーマのもと、東屋の食にかかわる仕事に注目した展覧会が、下野の地、栃木野木のGallery Yammotoにて始まります。猿山も一部製品のデザインを担当しております。どうぞお出掛け下さい。