note

六九工藝祭@松本

六九工藝祭! 松本にて。金工家の竹俣勇壱さんと共にさる山で参加致します。

https://www.69kougeisai.com

松本で皆さまにお会い出来ることを楽しみにしています。

こちらは、開催することが叶わなかった2020年の六九クラフトストリートDMのために書いたテキストに修正加筆したものです。↓

バタフライ・エフェクト
2016年から2019年まで毎年開催されてきた六九クラフトストリートは晴れることが多かった。関係者の日頃の行いがよいからだろうか。しかしよく考えてみれば、晴れの多い松本で、しかも五月に三日間だけなのだから、確率的に言えば雨が振る方が珍しい。それでも過去に大雨の日が一日だけあった。関係者の中によほど素行の悪い者がいるのだろうか。とは言え、嵐でなかっただけよしとしよう。
ブラジルでの一匹の蝶の羽ばたきはテキサスで竜巻を引き起こすか。1972年、気象学者のエドワード・ローレンツがアメリカ科学振興協会で行った予測可能性についての講演のタイトルである。ローレンツはコンピューターシミュレーションによる気象モデルを観察していて、取るに足らないような初期値の極わずかな違いにより、気象パターンの結果が大きく異なることを発見した。カオス理論におけるこの性質の寓意的な言い換えがバタフライ効果であり、これをもってローレンツは長期予測不能性の提言へと至った。一匹の蝶が羽ばたく程度の非常に些細なことが、徐々に予想もしないような大きな現象の引き金になるというのである。
一枚の皿に、一本のスプーンに、一着のワンピースに、一冊の本に、一体どれ程の力があるというのだろう。それはすぐに感じられるものもあれば、長い時間を掛けて感じられるものもある。お気に入りの器を使うだけで、何ていうこともない食事が一層美味しく感じられることもあるし、今日の完璧なコーディネイトのおかげで一歩を踏み出せることもある。些細な上機嫌の連鎖が、思ってもみないような素晴らしい景色を見せてくれることもあるし、私を越え、どこか遠くの会ったこともない人の幸せに繋がっていることだってあるかもしれない。こんな想像は、映画の中だけに留めておくべきだろうか。あの本との出会いが今の私を作ったと何年も経って気が付く。随分遠くへ来たものだ。そんなドラマは平凡な人生には起こり得ないだろうか。その答えを一番よく知っているのは、使い手である。
使い手に届けるのは伝え手である。一つのものには、作り手の感じたこと、考えたこと、見聞きし体験してきたこと、身に付けた技術、その全てが含まれている。生まれた時、ものはすでに充実していて、もう存在しているだけで十分であるかのようにも見える。しかしそれだけではまだ孤独に空を漂っているにすぎない。それを伝え手がつかまえ、羽ばたかせる。空間を相応しく整え、魅力的に配置し、届くよう言葉を添える。バタフライ効果は羽ばたきによって始まるのだ。
ものは人の喜びを伴った時、相乗効果のようにして、大きな力を発揮する。それぞれの実感が大きな渦となって、誰も想像もしていなかったような現象を引き起こす。それは一人一人のうちにも起きるし、世界のうちに起こることもある。様々な要因が重なり、影響し合い、常に他でもあり得た可能性をはらみながら、一度きりの姿を見せる。同じ現象は二度と起こらないし、再現することも出来ない。ローレンツの観測通り、極わずかな違いで結果は大きく変わるのである。もし私たちが同じ時に、素晴らしい現象を共有出来たのだとしたら、その幸せを存分に享受し、感謝しようではないか。現象が消えても、ものは作り手の意図を越え、国境も時代も越えて、生き、残っていく。そこに喜びがあるならば、また蝶は羽ばたき、新たな現象が生じるだろう。願わくは、一匹の蝶があちこちで羽ばたき、不機嫌を吹き飛ばし、上機嫌の渦がそこらじゅうを席巻することを。
待ちに待った2022年、六九クラフトストリートは六九工藝祭に名を変え、三年振りに開催される。様々な人々が集い、見たり触ったり売ったり買ったり話したり聞いたり食べたり飲んだり怒ったり笑ったりして、いつものあの通りを行ったり来たりするだろう。カオスは避けられない。予測は不可能なのである。だからまた五月に松本へ行きたくなる。
二日間、大いに晴れることを祈って。
——山本千夏

unefig. 4th collection 展示会開催のお知らせ

“borderless”
性別、年齢、国籍、皮膚と身に着けるもの、部屋の内外
あらゆる境界から自由になる

unefig. 4th collection 2022.5.12(Thu.)–15(Sun.) 11:00–18:00
@ es quart 東京都台東区千束3-4-3 3F
https://esquartgalerie.com

会期中はどなたさまもお越し頂けます。バイヤーの方のみ予約をお願い致します。 前日までにlingerie@unefig.com、もしくは、メッセージやLINE等へご希望の日時をご連絡ください。

with
photos: Hiroko Matsubara
hair makeup: Hiroko Ishikawa(eek)
model: Yu Fujimoto, Kyohei Hattori(AMAZONE)
layout: Osamu Saruyama

unefig. 4thコレクションは、数年をかけてようやく形になりました。性別だけでなく、年齢や国籍も問わず、出来る限り多様な体型の方にもシルクのよさを知って頂きたい思いで取り組み始めました。
着心地のよさを感じながら、逆説的に、着ていることを忘れる瞬間があります。セカンドスキンという言葉があるように、皮膚と身に着けるものは融合し、いつの間にか境はなくなっていくようです。そんな肌触りのシルク100%のアイテムは、Vネックの半袖Tシャツとウエストを紐で調整するタイプのロングパンツ。サイズはS、M、L。ユニセックス仕様で通常のコレクションよりゆったりしており、サイズ間の違いもより感じられると思います。パジャマにもお出掛けにも。落ち着いた光沢の丈夫な生地で、ブラック|ネイビーの2色展開です。
新たにコットンシリーズも加わります。シルクの気持ちよさを褒めて頂く一方、コットン製を希望されるお声を多く頂いてきました。伸縮性が大きな魅力のカットソー生地の中でも、丸胴と呼ばれる筒状に編まれた生地をそのまま胴体部分に使用し、肌当たりのやさしい長袖Tシャツとタンクトップが出来上がりました。脇に縫い目のない分、見た目にもすっきりしています。ここもボーダレス。定番中の定番と言えるアイテムですから、デザインは極シンプルに、生地はオーガニックコットン100%です。最も難しかったのはボクサーブリーフ。性別によって必要な立体感や形が異なるため、誰にもフィットし、借り物を履いているような見た目にならず、何よりも快適であることを目指して試作を繰り返しました。ホールド感を出すために、コットン100%の中でも、やや厚手でしっかりとした生地を選びました。糸一本一本にシルケット加工を施しているため、シルクのような柔らかで滑らかな肌触り、控えめな光沢、毛羽立ちにくさが特徴です。全て、S、M、Lサイズ、ブラック|ホワイトの2色展開。特に力が掛かる箇所やごろつきのない平らな縫い目にしたいところは、フラットシーマという縫製方法を採用しています。
そして、シルバーシリーズもお披露目です。工芸ギャラリーの企画の仕事をしていた時に、展覧会のテーマに合わせてギュメレイアウトスタジオに製作を依頼したのが始まりです。その頃、まだ現在のようにイヤーカフは販売されておらず、ピアスの穴を開けていない場合、あまり選択肢がありませんでした。耳に負担がなく、長時間つけていても痛くならず、様々な服装に合わせられ、それでいてポイントにもなるような、タトゥーのように体の一部になるようなものがあったらと思い、デザインや大きさ、使用感を試行錯誤して生まれたのがイヤーカフです。形は2種類。片方の耳にだけするのもよし、重ねづけもおすすめです。リングは新たに考案しました。サイズは2種類。通常のリングのように、もしくはイヤーカフに通して耳につけると小さめのフープイヤリングのようになります。素材はシルバー950、ひとつひとつハンドメイド。シルク100%の巾着に入れてお渡しします。
既出のコレクションと同様に、アンダーウェアやラウンジウェアとしてもよく、そのまま外出も出来るようなアイテムが中心です。どんな風に身につけるかは自由自在。ドアを開け、軽やかに境界を越えていきましょう。

展示会では、サンプルをご覧頂き、4thコレクションのご注文を承ります。既出コレクションの販売も致します。試着もお気軽にどうぞ。皆さまとお会い出来ますこと、心より楽しみにしています。

――山本千夏 (ユンヌフィグ—unefig. )
https://www.unefig.com
instagram: unefig_japan

「道端で摘んで生ける」四月——霧島躑躅

花生:上野雄次 yuji ueno
撮影:高木康行 yasuyuki takaki

「白磁一葉挿」
製造:白岳窯 デザイン:猿山修 制作:東屋
“ceramic small vase”
ceramic works: shiratake-gama, design: osamu saruyama, production: azmaya

「道端で摘んで生ける」三月——クリスマスローズ

花生:上野雄次 yuji ueno
撮影:高木康行 yasuyuki takaki

「白磁一葉挿」
製造:白岳窯 デザイン:猿山修 制作:東屋
“ceramic small vase”
ceramic works: shiratake-gama, design: osamu saruyama, production: azmaya

日常茶飯+IMADEYA+unefig. @日常茶飯(愛媛伊予)

着心地のよいものしか身に着けたくない、美味しいものしか食べたくないし、飲みたいものを飲みたいだけ飲みたい。大人の、大人による、大人のためのお楽しみ。
年齢を重ねることはポジティブなことばかりではないけれど、二日間くらい、大人の特権を大いに行使しようではありませんか。たまにはわがままに、喜びに浸りましょう。
unefig.からはシルク100%のランジェリーとラウンジウェア、IMADEYAからはナチュラルワインやノンアルコール派にも嬉しい厳選のドリンク、日常茶飯からはイベント限定のアペロセットや新発売のアペロ缶を。
着てみるもよし、味わうもよし、持ち帰るもよし、お気に召すままに。
春先取りの二日間、アトリエを開放してお待ちしております。
皆さま、是非お出掛けください。

◯日時:2022.3.11(金).12(土) 11:00-18:00
A.11:00~12:45
B.13:00~14:45
C.15:00~16:45
D.17:00~18:00
予約制/各回10名様まで
※ご予約の受付は、3月1日(火)20:00~日常茶飯のオンラインストアより電子チケット(無料)を発行致します。当日はスマートフォンのチケット画像のご提示ください。
https://nichijo-sahan.shop/

◯場所:日常茶飯アトリエ/愛媛県伊予市
※最寄駅は、郡中線「郡中港駅」または、JR「伊予市駅」です。
※アトリエ所在地・駐車場の詳細については、ご予約完了時にメールにてお知らせ致します。
※駐車場はございますが、台数が限られるため、乗り合わせてお越し頂けますと助かります。

※ 両日、ワインやノンアルコールドリンクに合わせたアペロセットを販売致します。アルコールを飲まれる方は、公共交通機関をご利用ください。
※お支払いは、IMADEYA:現金、PayPay、日常茶飯 & unefig.:現金、クレジットカードをご利用頂けます。
※エコバック持参のご協力をお願い致します。

Instagram:
日常茶飯 名越 聡子 @nichijo_sahan
IMADEYA 白土 暁子 @akikoshirato
unefig. 山本 千夏 @unefig._japan

どこかで皆さまとお会い出来ますこと、楽しみにしています!

“humoresque avec unefig.” ——展示販売会のお知らせ

humoresqueと一緒に、新しい試みです。
時間の空いた時にふらっとお立ち寄り頂けるよう、予約なしでご自由にお出掛け頂くスタイルにしたいと思います。
私は出たり入ったりしておりますので、もしご来店を予定してくださっている場合は、私の方にご一報頂けましたら、お店でお待ちしております!
是非お気軽にお出掛けください。

“humoresque avec unefig.”
2022年3月3日(木)- 6(日)
12:00-18:00
at humoresque
港区南青山6-7-1 1F
https://humoresque.jp

山本千夏の手がけるインナーウェアブランドunefig.(ユンヌフィグ)と、humoresqueのコラボレーションアイテムをお披露目いたします。
潔いフォルムのシルクランジェリーに共鳴し生まれたhumoresqueのシルク素材のカシュクールとカシミヤのニット。
そして、unefig.の定番的なシルクのタンクトップには、輝く白が清々しい風を纏い登場いたします。
恋に落ちるように、ひとつの出会いによって生まれた、特別な形と私たちの提案をぜひ体験しにいらして下さいませ。
桃の節句から4日間、春がいよいよ始まりそうです。

ご予約、お問い合わせ先
tel 03-6452-6255
shop@humoresque.jp

Instagram:
@humoresque.humoresque
@humoresque.shop
@unefig_japan

「道端で摘んで生ける」二月——桃

花生:上野雄次 yuji ueno
撮影:高木康行 yasuyuki takaki

「錫製一葉挿」
製造:坂見工芸 デザイン:猿山修 制作:東屋
“pewter small vase”
metal works: sakami-kougei, design: osamu saruyama, production: azmaya

「服部植物研究所」が「松下正治記念賞」を受賞


研究所外観。

宮崎県飫肥市の蘚苔類研究施設、「服部植物研究所」が松下幸之助花の万博記念賞「松下正治記念賞」を受賞しました!
十年程前に研究所の事務棟を展示空間に改装するにあたり、ギュメレイアウトスタジオが内外装及びグラフィックデザインを担当しました。研究所のある飫肥は、周囲を酒谷川に包まれた美しい城下町です。飫肥城址を中心とした古い街並、近郊の猪八重渓谷も素晴らしい散策を愉しめます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/87dd00d88f1779354c878e2e5d149d5d24d28442


玄関。


一階内観。


書庫入口。


書庫。


洗面台。


二階和室。


裏庭に新たに設置したパーゴラ。