note

unefig. オープンアトリエ/東京蔵前

9月に発表しました 5th collection が縫い上がってまいりました。


photos: Hiroko Matsubara
hair makeup: Hiroko Ishikawa(eek)
model: Chie Yanagawa(AMAZONE)

柔らかなニットの下に滑らかなシルクのランジェリー。冬に是非素肌で体感していただきたい組み合わせです。今週末からのオープンアトリエでは実際に手に取り、ご試着、ご購入いただくことも出来ます。
予約不要ですので、お気軽にお出掛けください。

12/16(土)ー19(火)
13:00-18:00
ユンヌフィグ・アトリエ
東京都台東区蔵前4-20-10 宮内ビル4F
*国際通り沿いにある「改」というラーメン屋さんの右側にビル入り口があります。階段で4Fまでお上がりください。

また、unefig. BASEショップにも12/13(水)に入荷予定です。遠方のお客さまやオープンアトリエにいらっしゃれないお客さま、お待たせいたしました。
https://unefig.theshop.jp

山本千夏 (ユンヌフィグ—unefig. )
https://www.unefig.com
@unefig_japan

「道端で摘んで生ける」十二月——臭橙(カボス) kabosu

花生:上野雄次 yuji ueno
撮影:高木康行 yasuyuki takaki

「烏泥一葉挿」
製造:高資陶苑 デザイン:猿山修 制作:東屋
“ceramic small vase”
ceramic works: takasuke-toen, design: osamu saruyama, production: azmaya

「道端で摘んで生ける」は、下記ギュメレイアウトスタジオ website から全てご覧頂けます。
https://guillemets.net/tag/%e9%81%93%e7%ab%af%e3%81%a7%e6%91%98%e3%82%93%e3%81%a7%e7%94%9f%e3%81%91%e3%82%8b/

「道端で摘んで生ける」十一月——野紺菊(ノコンギク)、野薔薇の実 wild chrysanthemum, wild rose hip

花生:上野雄次 yuji ueno
撮影:高木康行 yasuyuki takaki

「烏泥一葉挿」
製造:高資陶苑 デザイン:猿山修 制作:東屋
“ceramic small vase”
ceramic works: takasuke-toen, design: osamu saruyama, production: azmaya

「道端で摘んで生ける」は、下記ギュメレイアウトスタジオ website から全てご覧頂けます。
https://guillemets.net/tag/%e9%81%93%e7%ab%af%e3%81%a7%e6%91%98%e3%82%93%e3%81%a7%e7%94%9f%e3%81%91%e3%82%8b/

「道端で摘んで生ける」十月——マリーゴールド marigold

花生:上野雄次 yuji ueno
撮影:高木康行 yasuyuki takaki

「烏泥一葉挿」
製造:高資陶苑 デザイン:猿山修 制作:東屋
“ceramic small vase”
ceramic works: takasuke-toen, design: osamu saruyama, production: azmaya

「道端で摘んで生ける」は、下記ギュメレイアウトスタジオ website から全てご覧頂けます。
https://guillemets.net/tag/%e9%81%93%e7%ab%af%e3%81%a7%e6%91%98%e3%82%93%e3%81%a7%e7%94%9f%e3%81%91%e3%82%8b/

石州流伊佐派 九世家元 磯野宗明著 書籍「武家茶道—Buke Sadō」が仕上がりました。

www.sekishuisa.com

柔らかく綴じられたコデックス装に三方墨塗り加工の仕上がりが綺麗です。今回お世話になった渡邉製本株式会社の代表から「この本には塗り加工が似合うのでは?」と勧められて試作し、その佇まいに惹かれお願いしたのです。提案くださり改めてお礼申し上げます。

書籍「武家茶道—Buke Sadō」
著者:磯野宗明
写真:フアン・カルロス・ピント
文章構成:山本千夏
翻訳:翻訳会社フロンティア
装釘:猿山修
印刷・製本:渡邉製本株式会社
発行人:池田健
発行所:株式会社ENYSi www.enysi.com

Buke Sadō: The Samurai Tea Ceremony
Author: Somei Isono
Cooperation: Sekishū-Isa
www.sekishuisa.com
Photography: Juan Carlos Pinto
Text structure: Chinatsu Yamamoto
Design: Osamu Saruyama
Translation: Frontier Translations
Publisher: Takeshi Ikeda
Printing and Bookbinding: Watanabe Bookbinding Co., Ltd.
Distributor: ENYSi Co., Ltd. www.enysi.com

こちらから購入いただけます。




“unefig. × vintage” 展のお知らせ

unefig.セレクトによるヴィンテージアイテムとコレクションを合わせてご覧いただく、“unefig. × vintage” 展を開催します。




一昨年にご好評いただきました展覧会の2回目です。
ヴィンテージアイテムはランジェリーをポイントに着こなしを楽しめるものの他、シンプルで上質な素材のニット、バッグやアクセサリー、シューズ等、お求めやすい価格のものを少しずつ取り揃えました。
蚤の市をふらりと歩いて気に入ったものを見つけるような楽しさを感じていただけましたら嬉しいです。
既出コレクションの販売、最新のコレクションもご試着いただき、ご予約も承ります。
アポイントの必要はありませんので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。
皆さまとお会い出来ますこと、心より楽しみにしています。

――山本千夏 (ユンヌフィグ—unefig. )

“unefig. × vintage”
2023.10.19(Thu.)–22(Sun.)
13:00–18:00
ユンヌフィグ・アトリエ
東京都台東区蔵前4-20-10 宮内ビル4F
https://www.unefig.com
@unefig_japan

「道端で摘んで生ける」九月——秋桜(コスモス)cosmos

花生:上野雄次 yuji ueno
撮影:高木康行 yasuyuki takaki

「烏泥一葉挿」
製造:高資陶苑 デザイン:猿山修 制作:東屋
“ceramic small vase”
ceramic works: takasuke-toen, design: osamu saruyama, production: azmaya

「道端で摘んで生ける」は、下記ギュメレイアウトスタジオ website から全てご覧頂けます。
https://guillemets.net/tag/%e9%81%93%e7%ab%af%e3%81%a7%e6%91%98%e3%82%93%e3%81%a7%e7%94%9f%e3%81%91%e3%82%8b/

「森之旋律森――森からの調べ」@森岡書店

「森之旋律森――森からの調べ」@森岡書店
刊行一周年を記念し、第2章「手仕事の詩(うた)」№1〜№13に寄せる作品13点を詩と共に展示します。

会期:2023年9月19日(火)–10月1日(日)
休業:9月25日(月)
時間:13:00〜19:00(最終日は17時まで)

北京の工芸ギャラリー “GALLERY QIBAO” 出版、木工の山本美文さんの著書「森からの調べ」。猿山が装幀、山本千夏は一部文章を担当しています。山本美文さんの北京での個展に合わせて刊行されたものです。山本美文さんの器の写真とご本人の言葉、彼の器に盛り付けた美しい料理とレシピを中心に構成されています。写真ページが多いので見やすい様、ノドまで開くコデックス装を選びました。左開きでは中国語横組、右開きでは日本語縦組、中程にある料理とレシピの部分は中国語・日本語併記としました。

著者:山本美文
文:山本千夏、李雨欣
翻訳:付文婷、頼静雨、平塚貴嗣
校閲:横山悦子、Qibao Gallery
写真:山本美文、内田伸一郎、Qibao Gallery
装釘:猿山修

作者:山本美文
文章:山本千夏 李雨欣
翻译:付文婷 赖静雨 平塚贵嗣
校阅:横山悦子 Qibao Gallery
摄影:山本美文 内田伸一郎 Qibao Gallery
设:猿山修

@qibao.gallery
https://gallery-qibao.com/





DSC_3950