unefig. 2nd exhibition「for her」 @tmh. Ebisu Tokyo

ギュメレイアウトスタジオの山本千夏が主催するランジェリーブランド unefig.が 2nd collectionお披露目の展示会を行います。

unefig.の1st collectionをご購入くださった方々から、すごく気持ちがよいとか、こういうのがほしかったとか、洗濯の暇がないほど着てしまうとか、ぴったり!サイコー!などといった、うっかり有頂天になりかねないご感想を頂くことがあります。飛び上がるくらい嬉しいのですが、少し冷静になり、その嬉しさの根拠を突き詰めて考えてみると、それは彼女たちの毎日の役に立てたと感じられるからではないかと思いました。実用的なものを作りたいと思っています。だからいつも自分自身の経験、実感からもの作りを始めます。長年この分野に携わってきた方やきちんと学校で学んだ方のような技術や知識はありません。誰も思いつかないようなコンセプトやモードの中心にいるような新しさ、気後れしてしまうほどの美しさも提示出来そうにありません。でも他のやり方があるはずだとも思います。自分自身の経験や実感という小さく、有限で個人的なものが、普遍に触れるということもあると思うのです。なぜなら、私自身も彼女たちの一員だからです。

2nd collectionでは、シルク100%の柔らかな肌触りのよさはそのままに、スウェードのようなマットな質感の生地を、ブラック、グレー、ネイビー、ピンクベージュの4色に染めて頂きました。ガウンはさっと羽織れば、お出掛けの時は薄手のコート代わりに、もし下がよれよれのスウェットであっても、買い忘れた牛乳を胸を張って買いに行けますし、お風呂上がりには素っ裸にこれ一枚というのも自由です。それはちょっと…という方にはボクサーショーツがおすすめです。トランクスを女性のものとして捉え直してみました。パジャマとして、また、ゆったりしたお洋服でしたら、夏はパンティ代わりに履くと締め付けがなく、涼しいと思います。水着のカバーアップにも。冬はペチコート代わりにパンティに重ねて履くと暖かです。ブラはチューブ型にしました。紐がない分、肩やデコルテがすっきしして、着けているのを忘れてしまいそうです。ロングパンツは、ベッドからオフィス、レストランまで、一日中活躍します。軽く乾きやすくしわが気になりにくい生地ですので、出張や旅行にもぴったりです。スカーフベルトはガウンのベルトに、首にくるくる巻けばスカーフにもなり、日焼けや冷えから守ってくれます。

アパレルの縫製工場の方には、下着は専門が違うと言われ、下着の縫製工場の方には、これは下着ではないと言われます。そのような中間に位置するようなものがあると便利なのに。ボクサーショーツを履いてガウンを羽織ると、ボクサーになったような気分になってきます。打たれ強くいきたいと思う今日この頃、そう、隠れテーマはボクサーです。時にファイティングポーズも必要な、全ての彼女たちへ。

展示会では、2nd collectionのサンプルをご覧頂き、ご注文を承ります。1st colledtion、7月に発表しましたコラボレーションアイテムの販売も致します。ご試着もお気軽にどうぞ。皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

unefig. (ユンヌフィグ)山本千夏

「for her」
@ tmh.&L’INTERIEUR
東京都渋谷区恵比寿南2-9-8 2B
03-3716-6982
http://www.atelier-tmh.com

2020年9月10日(木)ー13日(日)
12:00–19:00
予約制:二日前までにご希望日時を、こちらからメールにてご連絡ください。 https://www.unefig.com/contact/
SNS等のメッセージでも構いません。

*前日や当日でもご都合をつけて頂けそうでしたら、可能な限り是非お越し頂きたく思います。会場の混雑具合によりお待たせする可能性もありますが、メール等でお問い合わせ頂けましたら、出来るだけ早く状況をお伝え致します。

「芸術新潮」八月号「諏訪敦のオレたち静物画探検隊」最終回

 
7月22日発売の「芸術新潮」八月号、全三回短期集中連載「諏訪敦のオレたち静物画探検隊」画家・諏訪敦 、森岡書店主宰・森岡督行 、デザイナー・猿山修 というメンバーによる研究発表の最終回となります。今号では、諏訪のアトリエへ隊員が遠征。一体どんな絵が描かれたのか? 現象と認識という、諏訪ならではの静物画の世界へ導きます。
諏訪自身による描くことに関する文章、森岡と猿山の考察、今回のプロジェクトに対する答えとなる諏訪作品を含めた迫力の12ページです。

「芸術新潮」七月号 「諏訪敦のオレたち静物画探検隊」第二回

 

6月25日発売の「芸術新潮」七月号、全三回短期集中連載「諏訪敦のオレたち静物画探検隊」画家・諏訪敦 、森岡書店主宰・森岡督行 、デザイナー・猿山修 というメンバーによる研究発表の二回目となります。今回は研究員の渡辺晋輔さんを訪ねます。画家と研究者との対話が図版と共に興味深く、刺激的な内容となっています。
いよいよ次号最終回では、諏訪さんのアトリエにて彼の筆による静物画鑑賞会となります。

mug展に参加します。

神戸の草灯舎にて開催のmug展に猿山デザイン/TIME & STYLEのマグ、コーヒーカップ&ソーサー、ティーカップ&ソーサーを出品致します。家で飲む一杯のお茶や珈琲に励まされたり、癒されたりすることがありますね。そんなひとときのお供にぴったりの品々が並びます。
私たちは伺うことが出来ず残念ですが、お近くの皆さま、コロナ対策万全で、お出掛け頂けましたら幸いです。
会期中は、3人ずつの入れ替え制となるそうです。

6/7(日)-13(土) 月火定休
13:00-18:00(最終日のみ17:00閉店)

650-0024
神戸市中央区海岸通3-1-5
海岸ビルヂング206号
tel/fax 078-331-9187

*写真のDMは当初の開催予定日が記載されています。

mug exhibition @soutousya KOBE
Sun. Jun. 7–Sat. Jun. 13, 2020
Open 13:00–18:00 (close at 5pm on the last day)
Monday & Tuesday Closed

206, 3-1-5 Kaigan Bldg. Kaigandori,
Chuo-ku Kobe-shi,
Hyogo, 650-0024, Japan
tel/fax 078-331-9187
www.soutousya.com

「芸術新潮」六月号 「諏訪敦のオレたち静物画探検隊」第一回

 

5月25日発売の「芸術新潮」六月号から全三回短期集中連載「諏訪敦のオレたち静物画探検隊」が始まります。画家・諏訪敦 、森岡書店主宰・森岡督行 、デザイナー・猿山修 というメンバーによる新ユニットの研究発表となります。
「静物画探検隊」の命名者、森岡さんのエッセイも素敵です。
初回は武蔵美の諏訪敦研究室でのコンポジション再検討、次回は国立西洋美術館への遠征予定。

「猿山シャツとバッグ」 uit × saruyama “shirt and bag of saruyama”

新シリーズ uit × saruyamaから、シャツとバッグ発売のご案内です。

シャツはその名前通り、襟を立てるとタートルネックに、ボタンを外して折れば、オーソドックスな襟の形になります。その時々の気候、コーディネイト、気分に合わせて、自在にお楽しみください。
1型、2素材、3サイズ展開です。

麻:ちょうど今の時期から初夏くらいまではもちろん、冷房のきつい場所や日差しが強い場合はさっと羽織ると便利です。秋には一枚で、肌寒くなったらニットと重ねると一年中ご活用頂けます。乾きやすく、しわも魅力のひとつとなりますので、旅行にもぴったりです。さらっとして、ごわつきがなく、わずかな光沢が美しい、着込んでいくほどに柔らかく育っていくフレンチリネンを選びました。

ネル:ニットはもう仕舞ったのに、まだ少し肌寒い花冷えや梅雨寒の頃、風が冷たくなってきたけれど、ニットにはまだ早そうな秋口に、この一枚が大活躍です。目の詰まったやや厚手の生地ですので、冬も暖かです。Tシャツの上に羽織れば軽いジャケットのように、着こなしの幅も広がります。カシミヤを思わせるような柔らかでスムースな肌触りですが、コットンですので、洗濯も簡単です。

バッグは斜め掛けに、また肩から掛けることも出来るように、ショルダーストラップの長さが調整出来ますが、バックルは内側に仕舞い、外側からは余計なものが一切見えないようにしました。その分、フラップのステッチや角の形等、細部のデザインがポイントです。ショルダーストラップは体に添い、重いものを入れても肩に食い込まないように、それでいて目立ちすぎないような細さと形を考慮しています。A4ファイルがきちんと収まり、ノートパソコンも持ち歩けるサイズ、仕切りやポケットで小物も整理出来るようにと機能面にも妥協がありません。外側とショルダーストラップは丈夫なリネンを、型崩れを防ぎ、バッグの形をしっかり保つために内側にはキャンバス地を使用しました。

猿山のまさに理想のシャツとバッグを作って頂きました。
そんなわけで、黒だけですが….着方、使い方によって、老若男女を問わず、流行を越え、末長くご愛用頂ける品物が出来上がったと思います。

uit × saruyama “shirt and bag of saruyama”

“Messenger bag”
USB0423
340/430/160 mm without strap
strap: width 75, legth 590–900 mm
outside and shoulder strap:
outside: linen 100%
inside: cotton 100%
color: black
¥40,000+tax

“Turtleneck shirt”
USB0111 S:
length 68 cm, width/body 100 cm
USB0121 M:
length 71 cm, width/body 104 cm
USB0131 L:
length 74 cm, width/body 114 cm
linen 100%
color: black
¥25,000

USB0112 S:
length 69 cm, width/body 102 cm
USB0122 M:
length 72 cm, width/body 106 cm
USB0132 L:
length 75 cm, width/body 114 cm
cotton flannel 100%
color: black
¥23,000

——洗濯により、肩幅・身幅約 1.5 cm、着丈・袖丈約 2 cm収縮。
——By washing, shoulder width/body width approximately 1.5 cm, dress length and sleeve length approximately 2 cm, it shrinks.

direction: osamu saruyama
design and production: uit

ギュメレイアウトスタジオのオンラインショップを開設しました。こちらから購入頂けます。
https://guillemets.thebase.in

磁器製電笠と自在照明用金具 shade and adj. hook

金沢の金工作家・竹俣勇壱、長井製作所と共に、テープカッター等の金属製品を中心に製品を展開してまいりました’ tayo’ シリーズに磁器のシェードが加わります。

現代的な空間や品物とも合い、古物とも調和するシンプルなシェードのご希望を多く頂いてまいりました。
この度、お求めやすい価格も実現し、ご紹介出来ますことを嬉しく思います。

tay09911 shade type d large
180/180/180 mm
¥6,000+tax

tay09921 shade type d small
120/120/42 mm
¥4,000+tax

e-102 electric parts for shade with adj. hook
700 mm long
¥9,500+tax

e-002 electric parts for shade without adj.hook
500 mm long
¥8,000+tax

shade and hook
metal works: nagai factory and yuuichi takemata
ceramic works: chihiro fujisaki
design: osamu saruyama
production: tayo

こちらの画像では、adj.hook for shade(照明用自在鉤)はtayoオリジナルのものが記載されていますが、現在開発中となります。現段階では、下記の組み合わせのように、既出のadj.hook for shade(照明用自在鉤)と合わせてお使いください。
shade-d large + g-501 adj.hook for large shade ¥10,500+tax
shade-d small + g-503 adj.hook for medium shade ¥11,500+tax

ギュメレイアウトスタジオのオンラインショップを開設しました。こちらから購入頂けます。
https://guillemets.thebase.in